はじめに(目次)

【最新スパロボ等、その他時事ネタ。現在はスパロボV中心のネタ色々】
鉄血のオルフェンズのスパロボ参戦について再考する
スパロボ参戦が早かった作品について自分なりに補足
スパロボ参戦が早くもなく遅くもない作品とは?
続編がある作品の「フラグ潰し」とは
BBスタジオ製スパロボ次作予想メモ(1)
今だからこそBX再クリア
堅実にエーアイスパロボの次回作を予想してみる
スパロボは本当にハード移行が遅いかを再検証してみる
「芽の無い花」をどこまで容認できるか NEW!
「原作の空白」にどこまで踏み込んでいいのか NEW!


【スパロボ初心者向け講座】
スパロボ型クロスオーバーって? 
スパロボ型における敵組織について
スパロボ補正の適用範囲について
スパロボ型クロスオーバーの弊害 
スパロボ型クロスオーバーのメリットデメリット、簡潔に纏め
ガンダムUCに見るスパロボ式擦りあわせの実例
(現行)スパロボを幾つかの群に分けて体系化してみる(※2016年4月26日、修正)


【二部構成や長期シリーズといった方法論の話】
二部構成考察記事を纏めてみる(※2014年前半までの記事を纏めてあります)
Zシリーズ研究(紹介?)系記事を纏めてみる※2016年2月3日、1記事追加
「シリーズゲーム論」過去記事纏め(※2015~16年の記事を纏めてあります)
再・二部構成の前編はどう終わるべきか
二部構成の「空白期間」は諸刃の剣でもある(※追記)
アニオタとゲーオタと、広く浅くオタと狭く深くオタの違い
長期シリーズにおける「目標」を示すべきタイミングとは
「前日談商法」は定着するのか


【祝・再始動! OGシリーズの話】
自分のOGシリーズに対するスタンスについて
Vのグルン&ヒュッケから逆算するOGシリーズの今後
OGシリーズ 個人的に気になった伏線メモ (※2017年6月1日、追記)
現OGシリーズ(第2次・MD)に対する違和感(1)(2)(3)
もしOGシリーズに「外様」のバンプレオリが出なかったら
バンプレストオリジナルというジャンルの変遷について


【今だからこそ? αシリーズの話】
αシリーズ回想録
αシリーズ回想録(補)(※第3次αソフトバンク攻略本の寺田Pインタビュー引用)
13年目の今だからこそ考える「αとはなんだったのか」
αシリーズとZシリーズの比較
αシリーズとZシリーズの差別化されている部分 Ver.β
今更αシリーズのガンダム関係について振り返る


【天獄篇完結、でもまだ少し続けるZシリーズの話】
UX=プレ第3次Z説、回答編
UX・第3次Z・BXの相関関係について
Zシリーズ途中離脱組の伏線の残り方を整理・確認する・改
Zシリーズ当初の予定を勝手に考える(1) (2)
再世篇の参戦リストを見て思う事
長期シリーズの「点」と「線」とは
「Zの終局」より1年経って
(第1次)Zを本当に一作だけで終わっていいようにアレンジする
天獄篇ラスボス戦闘前会話 (主役級) (ライバル・ヒロイン・艦長等) (脇キャラ)


【その他の自分的スパロボ語り】
スパロボ早解き動画 再まとめ (※2015年7月16日、追記)


【管理人の脳内スパロボ 第弐次幻想英雄聖戦】
参戦作品とコンセプト  参戦作品解説  追加したい参戦作品
バンプレストオリジナル内訳案メモ(1。初案)(2。改案
第1話『新たな世界、新たな東京』 (※2017年3月27日、修正しました)
第2話『有角の若獅子 ~新たなる学友~』
第3話『魔の残影と異界の精霊王』
第4話『空の拳、嵐の剣』
第4.5話(分岐シナリオ)
版権作品別自軍加入キャラ妄想
版権作品採用楽曲妄想


【スパロボ以外のゲームの話。最近のトレンドはGジェネとかガンブレとか】
Gジェネにまだ出てない非映像作品メモ
続々・Gジェネジェネシス 個人的な残り参戦機体予想+α
(※次回作妄想)Gジェネレーション21th

ガンブレ3 作った機体を晒してみる(1)(2)(3)(4)

「原作の空白」にどこまで踏み込んでいいのか

更新ペースが戻る程のネタがあるわけではないですが、一つ久々に長文で言いたい事があったので記事を建てます。

スパロボ参戦作品の原作だって決して完璧なものではないわけで、放置された設定や未消化の伏線があったり、
原作が未完のまま終わっている作品すらあります。で、そういった「原作の空白」にどこまで踏み込むか?と。
近年の代表例は真マジンガーの捏造決着がそれに当たりますが、それ以外に何があったかというと。


パッと思い付くのはマクロスの「監察軍」でしょうか。マクロスを建造し、地球へと落下させた謎の異星人であり、
ゼントラーディとも延々と戦い続けている…という、プロトカルチャーと並ぶマクロス世界の黒幕でありながら、
これだけマクロスシリーズが続きながら未だに詳細な設定が明かされない、完全に「空白」となっている存在です。
(現在では「プロトデビルンに洗脳されたゼントラーディ艦隊」っていうのが一般的な解釈になってるんでしたっけ)

そこで、αシリーズにおいてはゼ・バルマリィ帝国(バルマー)がその「監察軍」の役割を担ったわけです。
バルマー軍の異名が「帝国監察軍」で、マクロスは元々バルマーの艦で、ゼントラーディとも戦い続けててetc…
「原作だけだと埋められない穴を埋める」バンプレストオリジナルの本分を達成している、とすら言えるでしょう。
(ビッグファイア様もそうですが「原作で空白になっている部分をバンプレオリ設定で埋める」っていうのを、
α開始当初は意識していたんでしょうね…大人の事情やらで結局お流れになったわけですが。本当に惜しい…
αシリーズが完全に当初の予定通り進んでいれば、スパロボは今頃全く違う道を歩んでいたでしょうに…脱線失礼)

…他に何かありましたっけか…(汗)ナデシコの熱血クーデターはゲームでフォローされているようですし…
(そういえばVでも結局ブラックノワールを「作った」のは何者なのか、は明確にされなかったんですよね。
以前の奈須氏との対談を見るに、寺田Pはマイトガインに思い入れ強そうですし、だからこそ触れなかったのかと。
未参戦作品で言えば、鉄血の厄祭戦やアグニカ・カイエル等、敢えて触れないままにするか捏造しまくるか…)


ただ、結局のところこれ(「原作の時点で空白」という「越えてはいけない一線」にどこまで踏み込むか)は、
何回もスパロボに参戦していて普通の再現をやり尽しているか、原作サイドがスパロボに寛容であるかetc…と、
複合的な要因が絡むので…という曖昧な結論にならざるを得ないですね…(先述した熱血クーデターも、
スパロボ内で(半オリジナル展開で)やるようになったのは複数回参戦した後のWやBXからだったわけで)

例えば、今後仮にF91が再参戦するとして、コスモバビロニア建国戦争の決着を勝手に描いていいのか?と。
(クロスボーンで「ベラの演説でコスモバビロニアが内部分裂を起こした」等の断片的情報は語られているものの、
詳細に関しては未だに殆ど踏み込んでいない)ダイナミックのような原作側もスパロボに協力的な作品ならまだしも、
ガンダムのような細かい設定がガチガチの作品に、下手にスパロボオリジナル(バンプレオリという意味ではなく)で
決着を付けてしまうと余計な論争を招きそうな気がして…(その意味ではαシリーズは上手かったかもしれません?
α外伝で一旦リストラして、α外伝の裏でキンケドゥ達も戦っていた事にして、マイッツァー等はその時に死亡して、
コスモバビロニアの残党は木星帝国に糾合されて…で、触れてはいけない部分を上手く避けていた、というか)


何を今更、スパロバーにとってごく当たり前の…え、前にも同じような文を見た事がある?ええ、そうです。以前の
『芽の無い花』をどこまで容認できるか」同様、これも実は脳内スパロボを妄想する過程で思い付いたネタです。
脳内スパロボにおける某作品が、原作が続編フラグが立っていたにも関わらず4~5年待っても未だに続編が来ず、
重要な設定が未だに空白のままになっていて、どこまで脳内スパロボで捏造していいのか…と悩んでいるのですよ。
(脳内スパロボ、本当に有意義な遊びだと思ってますよ。好きなキャラ同士の会話や戦闘を妄想するのは勿論、
「寺田P毎回苦労してるんだなぁ…」と、本家スパロボへの理解と考察を深める上でもタメになる)
まあ個人の二次創作である以上、好きにすればいいと自覚してますけどね。ちょっと言いたかっただけです。

近況報告用スペース

(※元『近況報告@7月6日』です。記事数を無駄に増やすのは良くないと思ってリサイクル)

ここ数日、熱量のあるコメントを受け取ったりそれ以外でも色々と言いたい事があって連続更新してましたが、
落ち着いてきたのもあってまた更新が控え目になると思います。申し訳ありません。
特にやりたいゲームが無いので、今はアニメをレンタルでつまみ食いしつつのんびり夏を過ごしています。


(※8月8日、追記)
相変わらずネタがない…というより「ネタはあるが言うタイミングがない」というべきでしょうか。
「あのネタはあの作品の新作とか新情報が発表されてからでないと説得力がないなぁ…」と思ってしまったり、
それらの情報がないと欠けたピースが揃わなかったり、でもどかしい日々が続いているわけです。


(※8月12日、追記)
最近、アニヲタWikiをちょこちょこ更新していたり。スパロボWikiもそうですが、
古い項目は変だったり不十分なまま放置されてる事が多くて手がかかりますね…如何に昔が無法地帯だったか…
(今も変わらないと言われればその通りですが、コミュニティルールというか、村社会的なそれぞれのサイト毎の
「ノリ」がある程度確立してきた、合わなければ弾かれて余所に行け、みたいな風潮になってきたというか)


(※8月13日、追記。今まで知っていたはずなのに言い忘れていた…)
マクロスΔ劇場版ですか…正直「いや、遅いでしょ」でしたわ。TV版終了後に発表するものかと。
噂のマクロス新作とやらは結局Δ劇場版の事だったのか、それとも他に控えているのか。

スパロボ的事情で言えば、Fのように「BBスタジオ製=TV版、エーアイ製=劇場版」にするのか、
一時期Fが出ずっぱりになり過ぎたのを反省して、BBだけで扱ってエーアイでは扱わないor他マクロスなのか。

(そういえば巷で言われている「神谷明氏に何かあって氏が演じているキャラが出せない」疑惑ってなんでしょうね?
スパロボだけならまだしも、マクロスゲーでもフォッカーが出てないみたいですし、ただの偶然なのかそれとも…)


(※8月14日、追記。すっかりボヤキ用スペースになっている…)
なんか鉄血が新しいドラマCDだのキャラクターブックだの出すみたいですね。まあそれ自体は興味無いですが、
ここらで一旦『鉄血のオルフェンズ』という作品について、自分の中の感情を整理しておきたい…のですがその前に。

私は別に、ギアスやOOが完全無欠の傑作だとは全く思いません。両作品共に、欠陥は幾らでもあるでしょう。
ただ、どちらもアンチが多くてもそれを上回る程ファンが多い、「地力」のある作品だとも思うのです。
(ギアスは満を持してのルルーシュ復活が迫ってるし、OOも高額立体物であるメタルビルドが複数出ている)
それは両作品が二部構成(分割4クール)として(OOは劇場版含めて)長期間ユーザーを付き合わせたからこそ、
空白期間も含めた「思い出」が時間をかけて形成されたからこそ、だと私は考えているのです。

(少しズレますが、AGEも近いかもしれません。第一印象で切るor途中離脱者も数多かったとはいえ、
最後まで付き合い続けた視聴者は1年分の「思い出」がある。そのおかげでファンとしての「地力」がある。
今では希少種となった連続4クールが、後々の再評価の下地を作ってくれた…というのは過大評価でしょうか)

自分が鉄血に対してグチグチネチネチ言い続けているのは、自分の研究テーマ「二部構成」に対して
疑問を持つ結果になってしまったから、なのです。勿論、作品内容自体に満足している方も多数見ていますし、
キャラやストーリーではなく「番組の構造」に対して批判している、なんて個人的すぎる自覚はありますが。
(勿論「番組の構造」は作品内容にも直接関わる以上、研究の必要があるとはいえ、主従が逆転している感)

尺が長くなるため作る側に相当の力量を求められるし、アタリの時のリターンもハズレの時のリスクも倍になる。
それでも私は、成功した実例を目の当たりにしているからこそ、二部構成の可能性を信じていたいのです。
そういう意味では鉄血も、5年後10年後まで通じる、二部構成故の「ファンの地力」が形成されているかどうか。
(「止まるんじゃねえぞ…」はネタ抜きに鉄血のテーマを表していたんじゃないかと、今更ながら思います)

寺田P×奈須きのこ氏対談(後編) 雑感

インタビュー全文

前回のインタビューの続きが来ていたので雑感を。
(…しかし、こういう話を受けると益々スパロボ熱が高まるというもので…どうしたものか)

続きを読む

「芽の無い花」をどこまで容認できるか

タイトルに関しては某氏への私信的な意味で(勝手に言葉を使ってしまって申し訳ない。あ、某氏以外の方も
この記事に対して言いたい事があればコメントして構いませんよ、勿論)「芽のない花」というのは、
「何を以てそのキャラ(作品)をそのキャラ(作品)とするか?」という、スパロボ永遠の命題についてです。


もう何度も言い続けてきた事ですが、スパロボが「原作再現を基盤にクロスオーバーを重ねていく」という、
一見すると非効率的な手法を用いているのは「そのキャラクターが、そのキャラクターであるという理由」が、
基幹設定や原作エピソードを外したらそのキャラ(作品)が成立し得ないから、と考えているためです。
(これは私の独断ではなく、F当時の阪田・寺田両Pのインタビューで言われていた、根源的な思想なのです)

…のですが、仮に100%原作に忠実再現すると、他作品キャラと共闘してくれないキャラも出てきてしまいます。
最も解かり易いのはチェンゲ版の竜馬でしょう。スパロボだと「善良な市民」と揶揄されるぐらい丸くなってますが、
「世界がどうなろうと知ったこっちゃねえんだ!ただ、アンタ(早乙女博士)を殺せれば!」という、
「復讐」というごく個人的な目的のために、それ以外の全ては切り捨てられる冷徹な男なのです、本来は。

ただ、だからといって(自分で操作する「ゲーム」でもある以上)竜馬を合流させないわけにもいかず、スパロボでは
その辺りをどうにか擦り合わせているわけです(第2次Zでは前日談からして違うから復讐を目的としていないし、
Vでは一度異世界に飛ばされて「元の世界に帰るため」他作品キャラと共闘しつつ、その過程で丸くなっていったり。
…今にして思えば、Dで割と早期にチェンゲの原作再現を消化したのもそういう理由があるのかもしれません…?)


これが記事表題にもある「芽の無い花」つまり「そのキャラの基幹(因果)を崩してしまう行為」になるのです。
いくら諸々の事情があるとはいえ、そのキャラがそのキャラである所以を崩してしまって容認できるのか?と。

…まあ、これについては結局は、原作と違う行動を取らせるにあたっての理由(説得力)をどう描写するか、
結局は作り手の腕に依る、としか言えないのでしょうけれどね(復讐キャラと言えば、劇場版アキトもVでは
前史の時点で万丈や神ファミリーと知り合いにしておいて、彼等に説得させる事で早期に自軍と同行させていましたね。
ただ、これも劇ナデもダイターンもザンボットも何度も参戦していて、ユーザー側が彼等に馴染みがあるからこそ
脳内補完で済ませられてしまう、という部分もあって…やっぱりスパロボが地道に培ってきた歴史は大きいです)


何を今更、スパロバーにとってごく当たり前の事を確認してるのかって?実を言うとごく個人的な事情でして。
脳内スパロボにおける某作品の扱いを考えていた時、余所で「そもそも彼女の行動の基幹が『復讐』である以上、
『世界平和のために戦うぞ』な他作品キャラと共闘する事自体があり得ないと思うのですが?」と突っ込まれ、
どうしたものかと悩んでしまったのですよ…(つくづくスパロボ方式は難しい…ハマれば面白いのも事実ですが)

第4.5話(分岐シナリオ)(※微追記)

勢いが乗っていたのでそのまま分岐シナリオも。ここから先はまだプロットレベルで思い付いてないので保留ですが。

…しかし奈須氏は本当にスパロボの真理を突いている(※以前の対談参照)というか、こういう見方が出来る人だから
Fateシリーズがあれだけ長続きしてるのだろうと解かるものです(私は全くの未プレイなのでこれ以上は控えます)
作品Aのキャラaが作品Bの設定xや用語yを平然と口にしている、同じ世界に異なる作品を落とし込んでいる、
それ自体が「原作と同じでありながら違う光景」として、受け入れ易くて楽しいのだ、と(ただ、それだけでは
もう満足できないからこそ「作品Aの設定xと作品Bの設定nは実は同じものだったんだよ!」みたいな、
そこから一歩進んだクロスオーバーを望んでしまうわけでして…ってまた面倒臭いオタク病を発症しそうなので自重)

続きを読む

第4話『空の拳、嵐の剣』

寺田Pと奈須氏の対談やら、諸々受け取ったコメントやらで「熱量」を受け取ったので久々の脳内スパロボ更新。
「嵐の剣=ストームブリンガー=ジェニオン」から察せる通り、時獄篇4話『学園都市防衛隊』をベースにしつつ。

しかしこうして脳内スパロボで遊んでいると、勉強になるというか、本家スパロボの「意図」が解かってくるものです。
マクロスFが破界篇以降のZシリーズや同期エーアイスパロボでレギュラーであり続けたのも、各種外的要因
(「シリーズ物である以上前作からのキャラをあまりリストラできない」とか「アニメ使い回しの都合」とか
BB・エーアイ両スパロボの相互補完関係」とか、今のガンダム界隈においてユニコーンがそうであるように
バンダイ的に「Fをマクロスのスタンダードにしたい意志」が見られる事とか)だけでなく、内的要因としても
なんだかんだでFの面々はキャラが立ってるというか「スパロボ的に解かり易くて使い易い」んですよね、と。

頼れる隊長だけでなくFBネタでギャグもこなせるオズマ、クールで女たらしでスナイパーと色々やれるミシェル、
そのミシェルとの恋愛模様で弄り易いクラン、電子技術のルカ、医療技術のカナリア、万能なフォールド波設定etc…
ジェフリー艦長も老練なだけでなく、サーファーとか元パイロットとか他の艦長キャラと比べて話し易いネタが多いし。
(アルトの場合、LやUXでは歌舞伎役者で、Zシリーズではツッコミ要員で、BXでは悩める歴戦の勇士で…
っと、作品によって割と描写違うんですけどね。まあキャラとしての幅があるのは悪い事ではないかもしれませんが)
(マクロス繋がりで言うと、αシリーズでフォッカーが準主役格として優遇されてた理由も何となく解かる気がします)

…なんで唐突にマクロスの話をしてるのかって?時獄篇4話からコピペしてて、ジェフリー艦長の台詞が
そのままピタッとハマッた箇所がある、上述した「スパロボ的に解かり易くて使い易い」を実感した、という話ですよ。

そういうわけで「ぼくのかんがえたさいきょうのすぱろぼ」遊びは各自やってみるといいですよ、とも。
(まあウチに来るようなスパロバーの方々は「言われなくてもわかってるよ!」@CV渡辺明乃かもしれませんが)

続きを読む

寺田P×奈須きのこ氏対談(前編) 雑感

インタビュー全文

なんか唐突に面白そうな、というか実際面白いインタビューが来ていて、言いたい事があったのでちょっとだけ。
といっても、本当に勢いで書いてるのであまり深く推敲していません。長くなるので以後追記に。

続きを読む

「前日談商法」は定着するのか

二部構成(に限らず地続きのシリーズ物)のデメリットとして「前作を知らないと楽しめない」というのがあります。
勿論、これは続き物では避けようがない事ですし、その続いている事を活かすも殺すも作り手次第…ですが、
そこで発想を逆転させて「続編(後編)を時系列的に過去の話にする」という方法論があるわけです。

こうすれば、仮に前作を知らなくても(前作=未来を知らないのはキャラクターも同じなので)楽しみ易い
…というわけでもないのですよね。結局前作=未来を知ってしまうと「こいつ結局死ぬんだよなぁ…」等々、
心情のブレーキがかかってしまうわけですし、前作で失敗した場合のリスクは結局あまり変わりません。

(某RPGも、明らかに未来に話を繋げる予定だったのを途中で過去に無理矢理変えた感が否めないというか。
だからこそ私は、JやBXのTVナデシコのような「続編フラグ潰し」について私も研究しているわけでして。
「未来を知っているから楽しめない」を「未来に繋がらない選択肢を用意する」事で可能性を広げてみせようと。
…すいませんね。唐突に当てつけがましいネタを振ってしまって。ただ、今回の主題は別のところにあるのですが)

それに、スパロボにだけ関して言えば「前史ネタはやれそうで案外やれない」という結論に落ち着いてしまいます。
「前大戦で一作作れそうなレベルで前史が濃いスパロボ」としてネタにされる一部の作品(MX・BX・V辺り?)も、
本編になって初めて出会うはずのキャラを、前史時点で出会わせてしまえば重大な矛盾が生じてしまいますし、
設定的にも世界観全体に影響を与えるような作品は組み込めない。そうなると選択肢がかなり限られてしまいます。
それなら素直に、参戦作品を共通化(素材を使い回し)しつつ、全く新しい作品を創った方が手っ取り早いでしょう。
また、「戦闘スケール・メカ性能がデフレする」のも、ロボット物としては視覚的に良くないですし。
(クアンタからダブルオーライザーに、ブラックサレナからエステバリスに戻ったらどう思いますか?という話)

なので、「時系列を戻す」はスパロボ向きの方法とは全く言えないと思います。もしスパロボでやれたとしても、
DLC(あるいはZのSPDのようなアペンド作)として、前日談エピソードを少々用意する程度が限界でしょうか。
(…スパロボのアンソロって何故出なくなってしまったんでしょうねぇ…いくら出版不況が騒がれていれど、
今でもアンソロジーコミックを出してるゲームは少なからず存在するし、電子書籍という新たなフィールドもある今
…やっぱり複数版権が絡むスパロボは配信関係がややこしいんでしょうかね…?)


…別に今回の主題はスパロボでも某RPGでもないんですが。実はとあるゲームに「ゼロ」が出る噂があって、
それでちょっと気になった、というだけです。まだ噂レベルで確定してもいないのに気が早過ぎる自覚はありますが。

スパロボは本当にハード移行が遅いかを再検証してみる

なんかX-Ωがまたやらかしたみたいですね…(プレイしてないので対岸の火事ですが)それはさておき、
これだけ時間が経っても未だにコンシューマでのスパロボ新作情報が出てない事でふと思いました。それは
「エーアイスパロボの次回作はニンテンドースイッチで発売する可能性があり得るのではないか?」と。論拠は


1:任天堂がスイッチに注力している一方で、3DSに関してはそろそろ「切り時」を考えていそう。
  (最後の大作、ドラクエ11の後は9月にFE無双、11月にポケモンウルトラサン&ムーンぐらい。
  スパロボの普段の情報公開ペース的に初報から3ヶ月で発売、とした場合8月中旬までに初報が出ないと
  12月以降になってしまう。そうなるといくらスパロボとはいえ、ハード的に遅くなり過ぎる)

2:L・UX・BXで同じ路線(ゲームエンジン?)が続いていたため、刷新した方が新鮮味が出せる。
  (グラフィック使い回しが出来ない、というデメリットはあるかもしれないがスイッチになれば
   逆に「PS3・4=BB製から使い回せる」という、相互補完的なメリットが逆にある…かも?
   そもそも、BXのフリーズ多発ぶりを思うと、3DSですらスペック的に既に限界を感じてしまう)


この辺りとして。ここまで時間が空くなら、新ハード+大幅刷新レベルのインパクトが必要だと思います。
(「25周年記念作+海外初進出として、使い回しが多くても早目に仕上げる」Vとの対比にもなりますし)

…のですが、過去のスパロボはハード移行が遅いんですよね。BBスタジオ(バンプレソフト)製の場合、
α外伝(01年3月)やZ(08年9月)はPS2(00年4月)やPS3(06年11月)といった
後継ハードが出た後でも、ギリギリまで前世代ハードを使い倒していましたし、エーアイ製にしても
J(05年9月)は旧DS(04年11月)が出た後でしたし。まあこの辺りは下位互換との兼ね合いから
「新ハードでも旧ハードでのソフトが遊べる」ため、急ぐ必要が無かったという事情も大きそうですが。

そういうわけで、スパロボのハード移行…「そのハードと、初対応のスパロボはそれぞれ何時出たか」について、
書き出してみたいと思います(本当に引用データでしかないため、考察としての価値は薄いですが)
また、初対応が移植・リメイクだった場合は完全新作との併記もしておきます。長くなるので以後追記に。

続きを読む

プロフィール

Author:よーけん
「示さなければならない…!スパロボ形式がこんなにも、簡単だという事を!」

スパロボ好きを公言していながらやってないスパロボがかなりある上にそもそもロボットアニメ自体を大して見ない不良スパロバー。
ではどうやってスパロボへの愛を表現しているのかというと……?
それを知りたければ当ブログをご覧くださいな。

<性別>
「俺は男だよ!」
<年齢>
(精神)年齢は永遠に夢見る10代w

<プレイしたスパロボ>
α、α外伝、インパクト、R、OG1、第2次α、D、MX、GC、第3次α、J、W、OGS+OG外伝、SC2、AP、Z+SPD、NEO、L、第2次Z(破界篇+再世篇)、魔装Ⅰ・Ⅱ、第2次OG+OGDP、UX、魔装Ⅲ、OE、第3次Z(時獄篇+天獄篇)、魔装F、BX、OGMD、V
他人のプレイやプレイ動画を見た程度でなら第4次S、F(完)も。初スパロボは第4次Sだが挫折。
SHOは某所の全会話集を見た程度なら
<所有ハード>
PSP、PS2、PS3、3DS、VITA、PS4
こんにちはPS4。さよならWii。お疲れ様GBA。

<好きなスパロボ>
特に「コレ!」というものはなし。
周回数が多いのは第2次α(4周)D(5周)AP(4周半)第2次Z(破界篇5周、再世篇4周)あたりなのでその辺?
<好きな版権作品>
その時の気分(w)てかロボアニメ自体があまり…
実質、嫌いな参戦作品は無いです
<好きなバンプレオリ>
その時(ry

<スパロボへの見方>
「スパロボ(型クロスオーバー)の重力に魂を引かれた」スパロボ至上主義者
特定の版権作品やバンプレオリに肩入れするのではなく「スパロボ型(原作再現基盤)クロスオーバー」そのもの、クロスオーバーのフォーマットとしてスパロボを見ている希少人種(?)

<スパロボ以外で好きなもの>
(S、A含む)RPG全般
スパロボに参戦してる版権作品のゲーム(GジェネやガンダムVSシリーズ等)やスパロボの亜流、派生作品(ACE他)も気になるところ

<このサイトの目標>
「スパロボ型クロスオーバー」(否スパロボそのもの)の布教
<現在の状況>
「解かるような気がする…寺田や阪田が、スパロボを…いや、原作再現基盤型クロスオーバーを作ったわけが。市販のスパロボはこのための布石…バンプレストの目的は、ヲタクを革新に導くこと…そう、俺は…変革しようとしている…!」
…とまあ、スパロボのおかげでただ作品を受ける、変革させられるだけの「イノベイド」ではなく、己の手で作品世界を革新(?)させていく存在「イノベイター」になれたなぁ、と勝手に思ってるわけです。
…ま、私も「イノベイドを越え、真のイノベイターをも凌ぐ存在となった」と言いながらも結局まだまだバンプレストに踊らされ続けている以上「イノベイド」なんでしょうけどねぇ(笑)


あ、リンクフリーです。事後報告はあってもなくてもご自由に。

(※荒らし鎮圧のために現在WEB拍手を一時撤去しています。申し訳ない)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
こんな辺鄙な世界に飛ばされて来た呪われし放浪者の数↓
フリーエリア
ツイッター。表でぼそぼそする用に。
    follow me on Twitter
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード